腸内環境が乱れると便秘になりやすくなります。そして困ったことに、実は腸内環境というのは比較的崩れてしまいやすいものなのです。
腸の中には善玉菌と悪玉菌と呼ばれる細菌群がいます。悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、便秘になりやすくなります。
腸内の細菌の中には日和見菌と呼ばれる菌もいます。日和見菌は悪玉菌が増えると悪玉菌に変化する為、少しでも悪玉菌優勢の環境になってしまうと、あっという間に腸内環境が崩れて便秘になりやすくなってしまうという厄介な仕組みを持っているのです。